減煙対策やタバコへの考え方を変える方法

おっち
この記事では、僕がこれまでに編み出した減煙法やタバコの有効活用法を惜しみなく伝えていきます!

こんにちは!この記事にたどり着いた皆さんはタバコを減らしたい、又はやめたいけれど我慢が辛い方ばかりなのではないでしょうか。

僕もその一人であり喫煙歴10年ともなると、そう簡単にやめられるものではありません。

僕自身がタバコと真剣に向き合い、減煙の為の対策法や少しでもタバコに費やしている時間やお金を生産性のあることにシフトしたいという思いから編み出された知恵を伝授します!

結論、タバコについての悩みをどうにかしたい場合、大きく分けて2つのルートがあります。

  • タバコを他の代用物に置き換える
  • タバコを吸う度にマイルールを適用する

減煙するためのタバコへの対策法

僕自身が減煙する為の手段として生活のあらゆる場面でタバコと置き換えていたものを紹介します。

  • おしゃぶり
  • カリバーンココ(電子タバコ)

おしゃぶり

おしゃぶりは減煙効果絶大でした!元々、何か口に入れていないと不安で落ち着かないからタバコを吸っていたというのも、やめられない原因の一つでした。

そこで思いついたのが、おしゃぶりです。大人がおしゃぶりしてるなんて気持ち悪いかもしれませんが、本気で減煙するならプライドは捨てた方がいいですよ。

僕の場合、主に家にいる時はずっとおしゃぶりをくわえています(笑)そのおかげで、作業しながらとか何となく吸えてしまうアイコスを全く吸わなくなりました!

カリバーンココ(電子タバコ)

こちらは、海外製の電子タバコでフレーバー入りの液体と海外から取り寄せたニコチン入りリキッドを混ぜ合わせて吸うタイプになります。

なにより、この電子タバコを吸うメリットとしてはコスパの良さとニコチン濃度を自在に操れる点にあります!

コスパは1日20本タバコを吸う人だと1日あたり40円という破格のコスパです!!

更に充電式で何回でもパフできるので吸いたい時間だけ吸えるのも魅力でしょう。

タバコのコスト面で特に悩んでいる人には特にオススメではないでしょうか。

タバコを吸う時間を有効活用する

もう一つのタバコとの向き合い方が、そもそもタバコを吸っている時間だけはマイルールを設けて自分にとって有意義で生産性のある時間にしようという考えです。

そして、僕にとってのマイルールは何かというと

  • 1本タバコを吸っている間に1つアイデアを作る

です。

1本タバコを吸っている間に1つアイデアを作る

このルールの詳細を説明すると、タバコを吸っている間(約5分間)に1つアイデアを考え、吸い終わったらメモ帳に書きます。

アイデアは何でも構いません。遊びでも仕事でも将来のことでも、やりたくなったことでも。

とにかくタバコ1本につき1つのアイデアです。そして、タバコを吸っている最中または吸い終わってすぐにメモします。

すると、僕の場合、1日20本吸うので月に600以上のアイデアを生む計算になります。

このルールを閃いたメリットは、タバコを吸っている最中は集中力が増すので脳が冴えていることと、考えをすぐにメモする癖がつくこと。

人間って、ふと思ってもすぐにメモしないと忘れるようにできている生き物なので非常に効果的だと思いました。

まとめ:

タバコで失うものは、主に健康、時間、お金。健康への対策は、タバコを他のものに置き換えるしかない。又、健康リスクを受け入れてまでタバコが吸いたい人は、喫煙の時間とお金をアイデアを生む為の投資と考えてマイルールを設けてみるのも有効な手段となる。

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください