パチスロとの出会い、そして10年の付き合いを経て-4

パチンコで大勝ちしたことをきっかけに、パチンコにのめり込み、常にパチンコの事を考えてあれこれと色んな台を打っては負け、バイトの給料が待ち遠しいというような今思えば馬鹿馬鹿しいような生活を5年近くも続けてきた。

正直、この頃は家庭環境が一番つらい時期でもあって、もう全てから逃れたかった時期でもあり、自分なんかどうにでもなれ状態が2年は続いたかな。

「寄り添ってハートを作る男女のシルエット」の写真

この時期に唯一好きといえるもの、それがパチンコ・スロットだった。

そして、この時期に出会った彼女との大失恋によって、また人生に変化がおこるんよね。やっぱり、女性は現実的だよな。26歳でコンビニバイトして、ふらふらパチンコばっかやってる男にどう将来性を見出すかって話w

まあ、大好きだった彼女にふられて、さすがにこのままじゃまずい、現状を変えなければ!と決意した俺は、とりあえず、仕事を変えることに。パチンコは切っても切り離せなかったので、パチンコ店でバイトしながら、自動車の免許でもとろうと前向きに行動するようにした。また、パチンコ依存症という自覚もあり、本気で依存症の更生施設に入ってやめられるようになるか、続けるのであれば、勝つ側にならないといけないなという2択に迫られたときに、「よっしゃ!もうこれからは負けない!本気で勝ってやるんや!」と覚悟を決めた時期でもあった。ここから、生活がどんどん良い方向に向かっていって、心から楽しいと思える日々が始まります。

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください