スロプロ生活を抜けて1年半経って思う事

こんにちは、おっちです。

この記事では、僕がスロプロ生活を抜けて1年半経った現在の心境をありのまま書いていきます。

まず、スロプロ生活から時給千円のバイトに転落して最低限の生活を強いられて学んだ事や感じた事は、

  • 大好きな事でお金を稼げるのはとても幸せなことである
  • お金は愛さないとお金に嫌われる
  • 自分で稼ぐなら努力し続けなければならない
  • 時間が経つにつれ、今の生活が当たり前になってくる
  • やはり、もうひと踏ん張りしてパチスロはもちろん自分の力でお金を稼ぎたい

また、パチスロから離れた事で新たに挑戦したことは

  • 当ブログ開設、収益化
  • You Tube配信(パチスロ解説、ゲーム配信)
  • 筋トレ
  • 恋愛
  • 自炊(料理)
  • 運転ドライバー、仲居バイト、新聞の訪問営業、土木、治験(仕事)

スロプロをしていた時期は24時間パチスロのことしか考えていませんでしたが、時間ができたことで、視野が広がり選択肢は増えたと思います。

上記に挙げた事ではまだまだ書き足りないのですがこの辺をなるべく読者さんに分かりやすいように説明していきます。

日記みたいな自己満記事になりそうですが、誰かひとりの為になる記事になれば幸いです。

 

スロプロ生活をやめて学んだ事

 

大好きな事でお金を稼げるのはとても幸せなことである

スポーツ、音楽、芸術など、プロとして様々なジャンルで活躍しながら結果を出す事で稼いでいるプレーヤーは当然、大好きな事で飯を食っている訳でそれは本当に毎日が充実して幸せな稼ぎ方だと思います。

僕の場合はそれがパチスロだった訳で、スロプロという職業こそ存在しないものの、お金を稼げて飯を食っていけてたので当時は幸せを感じていました。

俗に言う職業というものは、人の為に働いて稼ぐものなのかなという気がします。

デイトレーダーとかも職業と呼べるものではないように。

ただ、スロプロという存在は業界のなかでは必要なんですよね。勝っている人がいるから、夢をみてギャンブルとしてお金を投じる消費者がいる。そのおかげで業界が存続できるわけです。

 

お金は愛さないとお金に嫌われる

僕がスロプロとして稼いでいた頃は月収50万前後が当たり前でした。生活費としては十分な額ですよね。ただ、稼いでいるにも関わらず、収入が増えるわけでもなく、貯金が増えるわけでもありませんでした。

お金の使い方に大問題があったのです!

当時は稼いだお金を投資と勘違いして身にならない部分にお金を使ったり、ストレス発散で風俗に週2,3通っていました。

お金を大事に思うことなく使っていたからお金に嫌われたのだと思います。

これでは、月に100万稼ごうが1000万稼ごうが、お金に対する本質をわきまえてないので同じ使い方をしていたに違いありません。

生活費でギリギリの生活まで転落したことで気づけた大きな学びは、お金は愛して使わねばならないという事でした。

 

自分で稼ぐなら努力し続けなければならない

僕が、スロプロ生活をやめざるをえなくなった原因の一つがお金の使い方であるのですが、もう一つの大きな原因に、収入アップの努力を怠ったことにあると考えています。

パチスロの世界でホールというものはよく生き物だと言われますがその通りで、ずっと美味しい環境が続くのはあり得ないです。

環境に常に適応していく準備や能力をつけていく努力がスロプロには必須なのですが、そこが甘かったと思います。毎日の期待値稼働のルーティン化に慣れてしまい、向上心を忘れたが故に能力がどんどん衰退していってしまったのだと思います。

 

時間が経つにつれ、今の生活が当たり前になってくる

人間の慣れというものは、良くもあり悪くもあるというのを実感しました。

スロプロ生活をしているときは、自分で稼げているのが普通、働かないのが普通でありました。

しかし、仕事をしなければ生活できなくなってから1年以上経ってからは、最低時給からで手取り10数万円で生活するのが普通と嫌でも身体が慣れてしまうのです。

月の手取り収入が3分の1になった直後は激しいストレスに襲われたし、何か新しい仕事に挑戦してもストレスに耐え切れず何度も挫折してしまいました。

人間の本能って激しいストレスを嫌うので、理性では間違っていると判断しても本能的に身体が慣れを覚えさせようとするのだと痛感しました。

慣れは怖いものです。

 

やはり、もうひと踏ん張りしてパチスロはもちろん自分の力でお金を稼ぎたい

上記のように、今では貧乏生活にどっぷり漬かってしまった僕ですが、さすがにこのまま本能にやられているようでは他の動物のように生きているのとなんら変わりありません。

それだけは、絶対に嫌だし、人間として生まれた以上はもっと頭を使っていきたいです。

それに、パチスロがなにより大好きなので、またスロプロ生活をして自分の力で稼ぎたいと考えています。

その為に不要な事は排除して1つにベクトルを集中させることがなにより大事ですね。

 

パチスロ生活から離れた事で新たに挑戦したこと

この記事の後半では僕がパチスロ生活から離れた事で新たに体験したことや、収入源を増やす為に現在進行形で挑戦している事を紹介していきます!

 

当ブログ開設、収益化

ブログの知識はまだまだ初心者なのですが、今パチスロが打てない状況であるなら、この知識をネットで発信してみようと思いました。

ブログで収益化を試みようと思った理由は、お金を稼ぐシステム作りをしたいと思ったからです。

そもそも、スロプロになった当初は、労働から解放されて自由を手に入れたと勘違いしていたのですが、スロプロとしての生活では稼働時間が1日の半分を占めていて、環境の自由を得られても時間の自由は得られませんでした。

ブログも記事作成=労働だと僕は考えますが、毎月のアクセスが増えるようになればレバレッジを利かせられるのがブログの強みですし、このシステム化に魅力を感じたので当ブログを開設しました。

 

You Tube配信(パチスロ解説、ゲーム配信)

ブログと並行してYou Tubeでの動画配信もしていこうと思いました。

ブログと同様にパチスロの情報発信やPS4でのゲーム配信をしています。

パチスロでは主にホワイトボードを使って講義形式にしています。

ゲーム配信はCODMWというFPS初心者のプレイをまったりしています。

他にも体験した珍しいバイトの話なども投稿しています。

興味のある方は下のリンクからどうぞ!

収益化するにあたって目指すのはチャンネル登録1000人なので、まずはここを目標に面白いコンテンツ作成をしていきます!

 

筋トレ

スロプロ生活時代から感じていた事として、体力のステータスを向上していくことは生活全般のパフォーマンスに影響を及ぼすと考えていました。

体力があって疲れを翌日に持ち越さなければ、それだけでライバルに差をつけることができるからです。

パチスロを打つ時間がなくなってお金もなかったので、自宅でできて新しく継続してやってみようと始めたのが筋トレでした。

習慣化するまでは多少苦労しましたが、1年以上続けてみて肉体の変化を実感したし、食や料理、人間の身体の仕組みなど、大切な知識を得る事ができました。

筋トレに関しては、まだまだ上を目指したいと思うので頑張りたいと思います!

 

恋愛

人が進化する為に恋愛は人生においてとても重要だなと、ここ最近再認識させられました。

僕は数年ぶりに恋愛をしたのですが、感情が揺さぶられる良いきっかけになりました。

人に限らず物もそうですが、愛をもって接すると跳ね返りで自分も愛されるのだなという事を学びました。

あとは、失恋などの悔しさの感情は次の行動を起こす大きなエネルギーとなりますしもっと恋愛をして成長するきっかけを得たいなと思いました。

 

自炊(料理)

正直料理がこんなに楽しいなんて思ってもいなかったですね。

筋トレを始めるのと並行して自炊もするようになったのですが、自炊にはメリットが沢山あります。

メリットとしては、

  • コスパが外食に比べて格別に良い(安い材料費で沢山食べられる)
  • 栄養管理がしっかりできる
  • オリジナルの味付けができる

などですね。

 

配達ドライバー、旅館の仲居、新聞の訪問営業、AV男優、治験(仕事)・・・

 

スロプロ生活を抜けた直後は約2年ぶりの労働という事もあり、どの仕事をすればいいかわからずにいきあたりばったりで色々な仕事にチャレンジしては挫折をしていました。

以下、僕がチャレンジした仕事の内容になります。

なかには読者さんが知らないような珍しい仕事もあると思います。(笑)

You Tubeで体験した仕事の詳細動画を投稿しているので、気になる方はご覧ください!

 

運転ドライバー

主にアマゾン商品を軽自動車で個人宅に配達する仕事です。

1日にノルマの配達量をこなせば勤務終了で、勤務体系は個人委託でした。

僕の場合ペーパードライバーの状態で初日から1人で12時間以上運転させられ、結構めちゃくちゃな要求をする会社だったので3日程でやめましたw

ただ、自分は運転自体は好きなんだなあという事を知りました

旅館の仲居

観光地での旅館の仲居さんの仕事です。

リゾートバイトというやつで、住み込みで生活費負担をしてくれるメリットがあるバイトでした。

仲居さんの仕事は体力仕事で、重い料理を丁寧な接客を交えながら配膳したり、ベッドメイキングなどキッチリしなければいけない仕事内容が多いです。

時給千円で体力と精神をすり減らされるので、明らかに割に合わないと思い2週間程でやめました。

良かった事は、一緒に働いている若い仲居さんが美人ばかりという事でしたねw

 

新聞の訪問営業

読売新聞の個人宅への訪問営業の仕事です。

僕自身、営業はこの仕事が初めてで最初はストレスばかり溜まっていきました。

ただ、営業未経験だった時の営業のイメージと実際の営業の仕方が全然違くてびっくりしましたね。

契約は1日1件くらいはとれるようになり、まだまだ成長の可能性を僕自身感じる事ができたのですが、売っている媒体がそもそも自分が売り込みたいものでもないですし2か月程でやめました。

ただ、営業の基本のさわりくらいは学べたので良かったです。

 

土木関係

いわゆる日給の力仕事ですね。

土木以外にも資材の搬入搬出、鳶職人の手伝いなども経験しました。

強面の輩系が多く働いていてバカが多いですが、年代問わず積極的にコミュニケーションをとってくるような人が多く、退屈ではなかったです。

 

AV男優

汁男優の撮影に1回とマニアック系の撮影に1回、AV男優として仕事しました。

AVの裏側の独特な空気感などは実際に出演してみないとほんとわからないですね。

どちらも男優としての仕事をなんとかやり遂げることができたので良かったです。(笑)

汁男優なんかは、大勢の男優とカメラの目の前でアソコを勃起させて射精しなければいけないのは、相当な精力と経験が必要だなと感じました。

 

まとめ:スロプロをやめたおかげで新たな時間ができ、自分にとって多くの足りない部分を知ることができた。これらの経験を活かして、またスロプロ稼働を再開し自分の力で稼ぎ続ける能力を養っていこう!

 

 

 

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください