【ハイエナ】パチスロ上達の方法【宵越し狙い】

おっち
この記事では、収支向上に不可欠である宵越し狙いのテクニックを紹介するよ

こんにちは!パチスロ初心者で収支を上げたい、勝ちたいという人がこの記事を読むことでライバルに差をつけ狙える台が増えます。

ハイエナにおいて、ライバルとの収支で大きく差がつくテクニックの1つに宵越し狙いがあります。

これはパチスロで勝ちたい初心者さんがまず習得すべき必須テクニックになります。

この記事を読むことで、

  • 宵越し狙いの基本的なテクニックを使えるようになる
  • 宵越し狙いをする際の落とし穴を知ることができる

この2つの知識を習得できます。

パチスロで勝つ為のハイエナ方法:宵越し狙いの基本テクニック

宵越し狙いとは

宵越し狙いとは、字のごとく、前日またはそれ以上前の日から積み重なった、その台の最後の当たりからのゲーム数を当日に狙うというハイエナテクニックです。

文章説明だとわかりづらいので、以下に「ゴッド凱旋」を例に解説していきます。

宵越し狙いの基本、例(ミリオンゴッド神々の凱旋)

引用:sekislot-dekasegu.com

例えば、ゴッド凱旋でこのような台があったとします。

ここから得られる情報は

データ表示器上では、大当たり回数0、現在183G。

前日に1回だけ当たっています。

凱旋で183Gだと天井狙いとしては浅すぎて狙えるゲーム数ではないですよね。

しかし、この台が前日の閉店後にリセットされていなければゲーム数を当日に引き継ぐので

この台の最後の大当たりからのトータルゲーム数=実際のハマりゲーム数

となります。

前日1回だけ当たっているので、前日のデータ表示をみて、累計1000G、1回前500Gで当たった台であれば、

前日の最終G数=1000G-500G=500G

と算出することができ、この台の実際のハマりゲーム数は、

183G+500G=683G

ということになります。

650Gをボーダーにしているのであればこの台を打つ事ができますね。

これが宵越し狙いの基本的なテクニックです。

パチスロのハイエナで宵越し狙いの方法を使う際の注意点

宵越し狙いをする際にはいくつかの注意点があります。

宵越し狙いが有効なお店かどうか

宵越し狙いが有効とは、据え置きメインのお店かどうかという事です。

頻繫にリセットをするお店で宵越し狙いを試みても、前日までのデータが無効な台(期待値マイナス)を打ってしまう確率が上がってしまいます。

頻繁にリセットをするお店では逆にリセット狙いをして期待値を稼ぎましょう!

対策1:お店のリセットボーダーを知る

据え置きメインのお店でも、一定ゲーム数ハマった台はリセットする傾向がほとんどです。

その対策として、機種毎に何ゲームハマったらお店がリセットをかけるというのを大体把握しておくことが重要です。

まあ、目安としては、8割方のホールが天井まで残り半分近くなった台をリセットしますね。

対策2:ライバルの動きをみる

最初は、どのくらいのハマりゲーム数でホールがリセットをかけてくるかわかりかねます。

自分でリセット不明台を打つのは結構リスクがありますよね。

そういう場合はライバルや同じハイエナをしてそうな人が不明台を打つかどうか、また誰かが打つ不明台の初当たりを見たりデータを見る事によって、宵越しの天井で当たりが発動したかどうかを見抜ける場合があります。

そういう調査を続けていると、ホールのリセット傾向を掴む事ができるようになります。

まとめ:当日のゲーム数狙いだけでなく、宵越し狙いも使って打てる台を増やそう!宵越し狙いはリスクもあるので、ホールの癖を知ってリスクをなるべく回避できるようにしよう!

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください